'auto'); ga('send', 'pageview');
ブログ

優美な気品までもを取り戻す外車のライト磨き/ジャガーXVR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはコダマックスです。

 

外車オーナーの方にも大変好評のヘッドライト磨きですが生産国によって、また年代によっても若干の違いがあり劣化に応じた『番手合わせ』の見極めが重要です。

国産と違い、一般素人の手におえるものではないのは確か。

 

また、工程も増えるため時間もかかります。

その分、施工前との違いには施工者でさえ充実感に浸る時も少なくありません。

今回は都内からのお客様でジャガーのビッグクーペ、XVRです。

 

圧巻の存在感。ボンネットの開閉も絵になります。

劣化状況としては黄ばみというよりクリア層の割れ。

レンズの上部からメインランプの部分が亀裂により白くみせる状態

ドイツ車よりはイイかな。

反対側は所々、はく離し始めてきている様子。

長く乗りたいのでというオーナーさんの意向に沿えるように頑張ります!

 

削りすぎないように、削り足りないように見極めながら合わせていきます。

ピタリ番手が合ったときは途中の工程で『イケる』って思います。

このリペアの仕事は修復業ですので他のメニューでもある、ヘコみでもガラスでもこの感覚って常に存在する独特の感覚ですね。

片側を施工してオーナーさんに仕上がりイメージをお見せします。

ライトの黄ばみであれば比較的簡単なんですがこのクリア層の亀裂の場合はすごく難しいんです。

外車は特別なのでちゃんとした施工店にもっていかないとお金だけ払ってさほどの効果なしなんてことに・・・。

片側を確認してもらったときに、すごい喜んでもらってとっても満足顔のオーナーさん(^^)

反対側も新品のようになりなした。

リアからのアングルもボリューム満点!

最後はオーナーさんとガッチリ握手!

 

長くお乗りくださいね。

ご依頼ありがとうございました。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加