'auto'); ga('send', 'pageview');
ブログ

あなたのBMW、ヘッドライトの黄ばみで悩んでいたら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはコダマックスです。

ある程度の経年外車に乗っていいる方なら、どーにもならない悩みの種がこのヘッドライト黄ばみ。

カーショップなどでは何も変わらないケースが多く、それは市販品でも同じ。

相当ハードル高いです。

でも、何とかします。変わらないという事はありません。

こちらはBMW・X3なんですがこの年代のドイツ車は磨いてみないと仕上がりが分かりません(^^;

分かりませんというのはレンズ自体の透明度が分かりにくいから。

国産と違ってクリア被膜が厚く硬いためクリア層の劣化なのかレンズ自体の劣化なのかの見分けが難しい。

 

国産の場合、何もしないで白くぼけている状態は少ないです。国産で上記の画像のように均等に白く透明感の無いレンズは大抵、ピカールなどの液体でこすり磨いた結果、その後レンズを侵食して白くしてしまう。

ところが外車の場合はクリア層が硬すぎてピカールなんて全く効果がないから使っても意味がない。結果的にそれがイイんですが。

 

なので外車はクリア被膜との闘いでもあります。

この被膜をうまく見極めて施工できればその被膜に守られたレンズが出てくるということ。

 

X3のヘッドライト磨き

X3のヘッドライト磨き

X3のヘッドライトの黄ばみ

外車は国産のような内部クラックも出来にくいし、全てでははいけど総体的に内部劣化に強いと思います。

ただひたすらに硬いというか堅い(-_-;)

コンパクトでサイズ感のイイくるま、BMW・X3

男前になりました。

施工時間 1時間15分  10,800円(税込)

 

今回はもう1台BMWを取り上げます。

年代的にはチョット新しくなりましてE91です。

これはナカナカの変わった劣化状態。

こっちは普通の透明感の無さ

問題はこっちで上部は黄ばみ全体白く縦に液だれのようなスジが。

ゴムパッキンなどの劣化によってレンズ内の気密性が無くなると結露ができて水滴が伝いスジを付けるケースがあるんだけどそうなると内部の汚れなので手を出せません。

見た感じは外側のようですが磨いてみないと何とも・・・。

スマホ画像では判りにくいかもしれません。

問題は反対側なんですけどね

縦に付いているスジがとれないとクリアになったとしてもストライプ模様になってしまいます。

見た感じは外だと判断したんだけど、どうか外側でありますように・・・

E91のヘッドライト磨き

E91のヘッドライト磨き

成功!(^^)/

判断しにくい汚れでした。

BMW、かかって来いやぁ(≧▽≦)

喜んでいただき有難うございました。

施工時間 1時間20分  10,800円(税込)

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

最新ブログをメールで受信

メールアドレスを記入して無料購読すれば、更新をメールで受信できます。