'auto'); ga('send', 'pageview');
ブログ

【レクサス】あきらめモードのLSの黄ばんだライトの結末

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはコダマックスです。

 

衝撃の日本でのレクサスブランド発足から10年が経ったことに正直びっくりしています。それまであったトヨタブランドの上をいくラインナップにとんでもない高級感を日本のメーカーが打ち出したことに衝撃を受けました。

もっとも、北米市場では浸透していたブランドですので知名度はそれなりにあったわけですが、当時日本でのフラッグシップであったセルシオは北米ではLSとして販売されていたので現地ではフルモデルチェンジなのでしょうが、あんなに存在感を誇ったセルシオが一気にレクサスブランドに飲み込まれていったような印象を持っています。

800万する高級車はハイソな部分とラグジュアリーを両立させた存在感たっぷりな高級車。

だったはず・・・

 

やっぱりトヨタ車的な部分はあります。レンズの耐久性が悪い

10年も経つとしょうがないと割り切れます?800万なんでね(^^;)

レンズ以外はさすがのLSです。内装も全く古さを感じない、10年前の衝撃は凄かっただろうなと思います。

磨いてみて知りました、ヴェルファイアなどで採用したゴールデンアイズでした。

クリアになればちゃんとゴールドです。薄めだけど(^^;)

 

反対側は悲しいくらい黄色でしたね

 

かえって何も手を付けずにいたのが良かったんだと思います。

オーナーさんの目を丸くした固まり具合がとても印象的でした(^^)

それもそのはず、明るい所に出してみましょう。

LSじゃなくなったLSオーナーの方、まだまだ大丈夫ですよ(^^)/

 

ご依頼ありがとうございました。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加